ピアノのレッスン内容

音楽は世界共通語です。何かひとつ楽器ができると世界が広がります。ピアノは“楽器の王様”と称されるように、一人でも、二人でも、大勢でも楽しめる素晴らしい楽器です。

一朝一夕で弾けるようにはなりませんが、コツコツと練習していけば、いつか必ず弾きたい曲が弾けるようになります。それは、何にも代え難い素晴らしい喜びであり、人としての成長です。そのための精一杯のお手伝いをさせていただければ、幸いです。

導入期(初心者)の生徒さんのレッスンでは、おんぷカードやリズムカードをはじめ、豊富な教材を使って、楽しみながら基礎からしっかりレッスンいたします。また、1曲ごとに練習用動画をご用意しておりますので、お家での練習もわかりやすいと好評です。

ピアノが弾けるためにはピアノ以外にも必要なことがあります。進度に合わせて、下記のことを習得してもらいます。

リズム

  • リズムを言いながらリズムうち
  • 拍子を数えながらリズムうち

読譜

  • フラッシュカードでおんぷをよむ
  • もようよみ→上がる・下がる・同じ
  • 音程→2つの音の間隔

セオリー(音楽の知識)

  • 楽語
  • 12のメジャー(長調)ポジション
  • 3つの和音( Ⅰ ・Ⅴ7 ・Ⅳ)
  • 12のメジャースケール(長音階)
  • 12のマイナースケール(短音階)
  • 三和音の転回形

聴音

  • 先生のまねっこ
  • 5線ノートに書く

テクニック

  • タッチ(打鍵)を学ぶ
  • 身体の使い方を学ぶ
  • 24調のスケールとアルペジオ
  • 24調の和音の転回形

教本・曲集

  • 基礎を学ぶ
  • 表現力を学ぶ
  • バロック・古典・ロマン・近現代と、4期それぞれの音楽に取り組み、ピアノ演奏の技術や表現力を高める

また、楽器の上達にとってもっとも大事なことは、毎日の練習と人前で演奏することです。

当教室では、

  • 7月にグループレッスン
  • 9月に夏休み課題曲テスト
  • 10月にグループレッスン
  • 12月にクリスマス会
  • 春季に発表会

を行っております。

教室イベント以外でも、ピティナピアノステップや各種コンクールへの参加も随時ご案内しております。

また、小学校高学年以上の生徒さんは、学校行事で合唱の伴奏者や指揮者として活躍してくれています。

歴史に刻まれる大作曲家の作品から今流行の人気曲まで、音楽は無限大。弾きたい曲が思いどおりに弾けたら素敵です。ピアノが弾ける人生は豊かなものであると確信しています。

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせ下さい。

☆[なび千葉]ピアノ教室紹介に掲載

年齢別レッスン内容

幼児 1回30分

数・左右・文字の認識
歌・手遊び・リズム遊びなど、リトミックの要素を取り入れて、音楽の基礎をカラダ全部にしみ込ませます。(音楽のシャワーを浴びる)
『はじめが肝心』腕・肘・手首の使い方や指の形など妥協せずに[よい音]を目指してレッスンしております。

使用教材

  • バスティン パーティシリーズ(バスティン )
  • バスティン オールインワン(バスティン )
  • バスティン ベーシックス(バスティン )
  • 『はじめてのギロック』(ギロック)
  • 『ピアノランド』(樹原涼子)
  • バーナムテクニック《ミニブック》など

小・中学生 1回40分 または60分

40分レッスンのうち10分間はウォーミングアップレッスンです。その時々の課題をやってもらいます。

勉強や部活、別の習い事などで忙しい現代の子どもたち。少ない練習時間でも早く上達出来るように、さまざまな工夫をしています。お家での具体的な練習方法を伝え、必要に応じて見本動画を送り、見てもらっています。楽しみながら力を付けていけるように指導しています。

使用教材

  • バスティン オールインワン(バスティン )
  • バスティン ベーシックス(バスティン )
  • 『子どものためのアルバム』(ギロック)
  • 『抒情小曲集』(ギロック)
  • プレインヴェンション
  • インヴェンション(J.S.バッハ)
  • ツェルニー30番〜(ツェルニー)
  • ブルクミュラー25番〜(ブルクミュラー)
  • ソナチネアルバム
  • ハノン教則本
  • バーナムテクニック       他

高校生以上 1回30分または60分

  • 趣味
  • 音大受験
  • グレード取得
  • 保育士志望
  • 小学校教諭志望
  • その他

目的・目標に応じてご相談しながら進めていきます。

次のページ